コンニチハ ! 日本館

日本館総合プロデューサー・佐藤オオキのつぶやき。
日本館の進捗や、日々の気づきなどを発信します。

New

倉庫のような場所のなかで骨組みの上に並ぶ細長い棒の写真
棒の先に円盤状の板のようなものが付けられている写真。それぞれの円盤状の板にはケーブルが付いている。

展示を覗こう

骨組みの上に並ぶ、謎の細長い棒

丁寧に梱包材を外して、、棒のてっぺんには円盤状のものが取り付けられていきます。

下から見上げるとこんな感じ。

円盤の真下には角度が変えられる金具があり、その隣に伸びてるケーブルは、個別に電気制御をするためのもの。

これだけの数をひとつひとつ調節するのも大変ですが、、本番ではこの20倍近い数を想定していると思うと、今からゾッとします、、。汗

ベルトコンベアの上のペットボトルの群れを見守る関係者一同の写真

展示を覗こう

ゆっくりと流れるペットボトルの群れ

ペットボトルの群れを真剣な眼差しで見守る関係者一同。
実は主役はペットボトルではなく、その下で頑張っているベルトコンベアだったりします。
ペットボトルによる荷重をかけた状態での動作確認中なのですが、いまのところ順調そう。

本番では一体何が流れてくるのか、お楽しみに !
(ヒント:残念ながらお寿司ではありません)

展示を覗こう

ひゅーーん、、

ひゅーーん、、、

「光のシッポの長さって何mmですか ? 」
「600mmでーす ! 」
「700mmに伸ばしてみてください ! 」
「はーい。700mmいきまーす」

(すごいっ。ちゃんと100mm伸びてる、、! )

「もっと光の頭のあたりの輪郭を柔らかくできますか ? 」
「はーい。柔らかい輪郭いきまーす」

(柔らかくなってる~ ! )

「光の動きを途中からもっとヌルっと減速させられますか ? 」
「ヌルっと ? 」
「ヌルっと」
「、、、(えっ ? )」

そんな感じで光の形と動きの調整が延々と続きます。

今日の検証のために、連日徹夜で準備をしてくれたスタッフの方々には本当に頭が下がります、、。ありがとうございました !

展示室で使う照明器具の選定作業の様子の写真

展示を覗こう

この日は日本館内の展示室で使う照明器具の選定作業です。

光の大きさ、強さ、暖かさ、輪郭の柔らかさなど、、展示室ごとに決めていきます。

強い光を暗い色の壁に当てるのと、弱い光を明るい色の壁に当てるのとでは、どっちの光が明るい ?

暖かい光を冷たい色の壁に当てるのと、冷たい光を暖かい色の壁に当てるのだと、どっちの光が暖かい ?

、、なんてことを悩んでるうちに、次第に頭がぼーっとしてきます、、。

展示室で使う照明器具の選定作業の様子の写真

展示を覗こう

この日は日本館内の展示室で使う照明器具の選定作業です。

光の大きさ、強さ、暖かさ、輪郭の柔らかさなど、、展示室ごとに決めていきます。

強い光を暗い色の壁に当てるのと、弱い光を明るい色の壁に当てるのとでは、どっちの光が明るい ?

暖かい光を冷たい色の壁に当てるのと、冷たい光を暖かい色の壁に当てるのだと、どっちの光が暖かい ?

、、なんてことを悩んでるうちに、次第に頭がぼーっとしてきます、、。

展示を覗こう

ひゅーーん、、

ひゅーーん、、、

「光のシッポの長さって何mmですか ? 」
「600mmでーす ! 」
「700mmに伸ばしてみてください ! 」
「はーい。700mmいきまーす」

(すごいっ。ちゃんと100mm伸びてる、、! )

「もっと光の頭のあたりの輪郭を柔らかくできますか ? 」
「はーい。柔らかい輪郭いきまーす」

(柔らかくなってる~ ! )

「光の動きを途中からもっとヌルっと減速させられますか ? 」
「ヌルっと ? 」
「ヌルっと」
「、、、(えっ ? )」

そんな感じで光の形と動きの調整が延々と続きます。

今日の検証のために、連日徹夜で準備をしてくれたスタッフの方々には本当に頭が下がります、、。ありがとうございました !

ベルトコンベアの上のペットボトルの群れを見守る関係者一同の写真

展示を覗こう

ゆっくりと流れるペットボトルの群れ

ペットボトルの群れを真剣な眼差しで見守る関係者一同。
実は主役はペットボトルではなく、その下で頑張っているベルトコンベアだったりします。
ペットボトルによる荷重をかけた状態での動作確認中なのですが、いまのところ順調そう。

本番では一体何が流れてくるのか、お楽しみに !
(ヒント:残念ながらお寿司ではありません)

New

倉庫のような場所のなかで骨組みの上に並ぶ細長い棒の写真
棒の先に円盤状の板のようなものが付けられている写真。それぞれの円盤状の板にはケーブルが付いている。

展示を覗こう

骨組みの上に並ぶ、謎の細長い棒

丁寧に梱包材を外して、、棒のてっぺんには円盤状のものが取り付けられていきます。

下から見上げるとこんな感じ。

円盤の真下には角度が変えられる金具があり、その隣に伸びてるケーブルは、個別に電気制御をするためのもの。

これだけの数をひとつひとつ調節するのも大変ですが、、本番ではこの20倍近い数を想定していると思うと、今からゾッとします、、。汗